Most viewed

ダイナー カナコ 映画

ダイナー カナコ 映画 (C) 映画「Diner ダイナー」製作委員会 予告編や事前情報から、登場人物の多さについて行けるか不安な方もいることでしょう。 そんな方に朗報です。大半のキャストは数分で退場します。早くて数十秒というスピード感です。 ですので、役名を覚えきれなくても付いて行けます。 また、残酷描写も激しくはありません。直接描かれる箇所は少なく、描写は誇張されているため、笑ってしまう程。 予告編解禁時に話題になった、藤原竜也のミュージカル調の「俺はここの王だ」のセリフもばっちり使われていますのでご期待下さい。 蜷川実花監督は『人間失格 太宰治と3人の女たち』の公開も控えており、そちらもどのように原作と向き合ってくれるのか楽しみですね。 映画『Dinerダイナー』は年7月5日(金)全国ロードショーです。. Diner ダイナー(映画)のロケ地や撮影場所は? 映画「Diner ダイナー」のロケ地や撮影場所が気になりますね。 予告編動画では、カラフルで独特の世界観がありますが、まだ、公開前というということで、 ロケ地について、情報は出回っておりません。. 映画「ダイナー」について【ネタバレ注意】 ダイナーの映画版では、冒頭にてエロいシーンはありますか?ダイナーは、ヤングジャンプに載っている漫画版だけ読んだ事があるんですが、第1話からいきなりオオバカナコともう一人女性が全裸になる様要求されるシーンがありました。なので.

. See full list on cinemarche. (C) 映画「Diner ダイナー」製作委員会 映画に必要なのは、虚構と真実のバランスです。映画という作りものの世界を、如何に真実味を持って見せられるか。 これまでの蜷川実花監督作『さくらん』()『ヘルタースケルター』()は、虚構が占める割合が大きく、どこか他人ごとのような、のめり込めない印象がありました。 それが、本作では見事に化け、彼女の極彩色でハイテンションな世界を保ったまま、観客の心の深い部分を刺激して来ます。 ボンベロは終盤、カナコにこう伝えます。「影から逃げずに立ち向かえ」と。 ご存知の通り、本作の監督・蜷川実花は、年にこの世を去った演出家・蜷川幸雄の実娘です。 古今東西の戯曲を、大胆な演出により現代に蘇らせてきた名演出家・蜷川幸雄。そんな父を持ちながら、自らも芸術家となった彼女のプレッシャーは想像以上に大きいものだったことでしょう。 過去作で感じていた虚構の多さは、父の影響では無い、蜷川実花だけが描けるオリジナルな世界が作りたいという気負いから生まれていたのかもしれません。 父が亡くなり、父の影に立ち向かった蜷川実花。本作では、その偉. 監督、脚本:蜷川実花 原作:平山夢明 脚本:後藤ひろひと、杉山嘉一/音楽:大沢伸一. 開店して最初にやってきたのは、全身に傷跡を持つ殺し屋・スキンです。 カナコが『遠き山に日は落ちて』をハミングしているのを聞いたスキンは、カナコに好意的に接しました。 この曲は幼少期のカナコが母に対して持つ、唯一の思い出の曲でしたが、スキンにとっても同様でした。 スキンはカナコの身の上を聞き、自分と重ねて優しく接します。 店にチンピラの殺し屋ブロ、ソロ、アラーニャたちが現れ、カナコにちょっかいを出しました。 嫌がるカナコを、スキンが制止してくれます。 店にはさらに、教授とキッドという殺し屋もやってきました。 教授はご年配の男性で、キッドは幼い少年のような姿をしています。 カナコは2人を個室に通しました。 スフレを食べていたスキンは、中にコインが入っているのを見て怒りました。 カナコはそれを見て驚き、ボンベロに訴えますが、ボンベロは知らん顔をしています。 スフレは、スキンの母親の思い出の料理なのでした。 話をしただけでボンベロが忠実に味を再現してくれたのですが、毎回ボタンやコインなどの異物が入っていると言うと、スキンはそのまま帰ります。 キッドがやってくると、カナコに「一緒に逃げて」と言います。 子どもの姿をしているので、カナコは「教授が悪い人、キッドは被害者」だと思いました。 応じようとすると、ボンベロがやってきてカナコを引き立てて連れていきます。 怒ったキッドは、店にいるブロたちと争いになり、あっという間に1人殺害しました。 ボンベロはカナコに「もっと想像力を働かせろ」と注意します。 キッドは全身整形を施して、骨格にまで手を加えて、子どもの姿になっているのです。 そのほうが仕事をしやすいから、相手に油断させるためになのでした。 キッドは大人なのです。 カナコは驚き、納得します。 ボンベロは、店内で殺人をしたキッドに、死体は片づけておけと声をかけました。 キッドは喜んで、死体をバラバラにしています. スキン(窪田正孝)は、全身傷だらけの青年ですが、いつも穏やかで、荒々しい他の殺し屋とは違う雰囲気です。 大場加奈子(玉城ティナ)にここから逃がしてあげると約束していたり、蜂蜜のスフレを運ぶと嬉しそうな笑顔をします。 この時の窪田正孝さんの笑顔が可愛い! 加奈子が殺し屋(武田真治)に殺されそうになった時は、助けてくれました。 お客さん(殺し屋)には、完璧な料理を出すボンベロ(藤原竜也)なのに、いつもスフレは完璧ではありません。 毎回、ミニカーが入っていたり、10円玉が入っていたり・・・異物が入っています。 そのたびにスキンは、「完璧なスフレが食べたい」とガッカリして帰っていきます。 ある日、大場加奈子は、その姿を見て可愛そうだと思っていたので、スフレに入っていた10円玉を取り除いてスキンに運びました。 美味しい!美味しい!大喜びでスフレを食べていました。 すると、スフレを食べたスキンの様子がいつもと違う・・・。 スキンは突然、豹変して、機関銃やナイフを持って、大場加奈子を人質に襲い掛かりました。 スキンは爆破屋なので、爆弾を爆発されたら、空爆を受けたような被害を受けます。 なぜ?ス. 著者 河合 孝典 出版日. 店にスキンが息絶え絶えで、入ってきました。 ボンベロが手当てをし、カナコにあとを任せます。 スキンはカナコに、持っていた缶を渡しました。 一昨日から自分の上司、マテバと連絡が取れないと、スキンは言います。 スキンはボンベロと仲良しでした。 「もしもの時は、君がボンベロを守るんだ。分かったね」と、スキンはカナコに頼みました。 カナコがボンベロのもとへ戻ると、ボンベロはスキン用のスフレを、オーブンへ入れるところでした。 ボンベロはカナコに、「180度で18分」と言うと、スフレを焼くのを任せます。 カナコは、よかれと思ってスフレの中の異物を取り除き、焼き上げました。 スキンに持っていきます。 スフレに異物が入っていなかったのを見たスキンは、店内で乱射しはじめました。 スキンはカナコに抱きつくと、「生きててよかったー」と言います。 ボンベロがスキンを射殺しました。 驚くカナコに、ボンベロは、スキンが自爆装置を持ち歩いており、そのスイッチを押そうとしていたことを告げます。 (カナコは、自爆に巻き込まれるところだった) ショックを受けるカナコに、ボンベロは言います。 スキンは、「いつか完璧なスフレを食べたいという夢を持ちつつ、その望みが叶わないことが、生きる希望になっていた」のです。 それすら見抜けずに、安易なことをするなと、ボンベロはカナコに注意しました。 カナコは反省しながらも、出ていけというボンベロの命令はきかず、食い下がります。 ボンベロのような料理人になりたいと言い、カナコは店にいると宣言しました。 店に来た当初、カナコは弱虫でした。 しかし殺し屋のウエイトレスをするあいだに、カナコには強い意志が芽生えます。 カナコの変化を見たボンベロは、カナコに料理を教えました。 懇親会の日がやってきます.

Diner ダイナー()の映画情報。評価レビュー 1678件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:藤原竜也 他。『さくらん』『ヘルタースケルター』などの蜷川実花がメガホンを取り、藤原竜也が元殺し屋の天才シェフを演じるサスペンス。ある女性がウエイトレスとして身売りされた. みたいな?(例え下手過ぎ) 弱っちい証拠突きつけられて、マトモな嘘も付けずに「はい、僕がやりました」って. 。 現代的な悩みを持つ主人公オオバカナコが、“食わせるか食われるか”な殺し屋専用のダイナーで自分を取り戻していく過程は大いに楽しめました。 サスペンスとしてみるとかなり拍子抜けだったり、豪華すぎるキャストは人脈自慢にすら見えてくるほどの無駄遣いだったりもしましたが僕は好きな作品です。褒めるところよりも粗の方が多いのになんでだろうなぁ. See full list on kanpyomaki. カナコは、ダイナーのウェイトレスとして売られたのだ。 元殺し屋でダイナーの店主・ボンベロは、カナコがミスをするとすぐに殺そうとする。 そんな緊張感のある状況に耐えられなくなったカナコは、食糧庫の金庫に保管されていた「ディーヴァ. 。 〔現在〕 カナコが目覚めると、赤くカラフルな店、『Diner(ダイナー)』にいました。 料理人の男・ボンベロに、カナコは「俺はここの王だ」と言われ、店での振る舞いを教わります。 店は、殺し屋専用の料理店でした。 客と絶対に親しくするなと言われ、カナコは店の掃除をさせられます。 カナコはその店のオーナー. 平山夢明の同名小説を、蜷川実花監督×藤原竜也主演で実写映画化した『Diner ダイナー』が7月5日に公開される。元殺し屋で天才シェフのボンベロ. アクション.

スキンは、子供の頃に、優しい母親(木村佳乃)が作ってくれたスフレが大好きでした。 優しいけれど、しつけには厳しい母親で、スキンは母親の期待に応えようとする子でした。 しかし、その優しい母親は、怪しい宗教に入っていて、教祖と関係を持ってしまいます。 そのことが教祖の妻にバレてしまい、聖水(硫酸)で、顔の半分をで焼かれてしまいます。 「母親と同じになるのでは」という気持ちから、自身の体を傷つけるようになります。 だから、全身傷だらけです。 ある日、スキンは自分が生き残るために母親を殺さなければならない状況になります。 もちろん、拒んでいましたが床に落ちているスフレを食べた時に、「生きたい」という気持ちが強くなって、母親を撃ち殺して、殺し屋の道に入ります。 映画【ダイナー】キッドは本郷奏多!残酷な子供のようで実はおじさん!には、壮絶な過去があるキッドのキャラクターあります。. 年の7月に映画化された小説『ダイナー』のコミカライズである本作。 ダイナー カナコ 映画 映画では蜷川実花が監督を勤め、オオバカナコは玉城ティナ、ボンベロは藤原竜也が演じます。. カラフルな集団です。 豊かな色彩を持つ彼らは、メキシコの死者の日を祝う一団でした。 彼らの住む街が、メキシコの「グアナフアト(GUANA JUATO)」と知ったカナコは、そこへ行かなければならないと考えるようになります。 旅行代理店で聞くと、旅費と滞在費として30万円が必要と聞いたカナコは、高額のバイトをすることにします。 高額なバイトが危険で怪しげだということは、カナコでも分かっていました。 しかしグアナフアトへ行きたいという熱意が、理性よりも勝ったのです。 〔4時間前〕 カナコは、短時間の運転手のバイトをしていました。 カウボーイとディーディーというカップルを乗せたカナコは、彼らを運ぶのが仕事です。 カップルは追われていました。 後方から発砲され、車はぶつかりました。カップルもカナコも捕まります。 捕まったカナコたちは、工場の溶鉱炉のようなところに吊られていました。 歯向かったディーディーがカナコの目の前で落とされ、カナコは自分も死ぬとおびえます。 命乞いをしたカナコは、特技を聞かれて料理と答えます。 カナコはダイナーに売られました. この過去の出来事から、完璧なスフレがスイッチになって、スキンは残酷な殺し屋になるのでボンベロは異物を混入していました。 それを知らずに大場加奈子が完璧なスフレを食べさせてしまったのです。 ダイナー カナコ 映画 スイッチが入ると手に負えないので、スキンを殺すしかありません。 ボンベロの銃でスキンは殺されました。 ボンベロは、加奈子に「スキンは、いつか完璧なスフレが食べたいとその日を楽しみにして生きている奴だった。そいう奴もいるんだ。」と言います。 ダイナー「キャンティーン」では、来店する殺し屋と殺すか、殺されるかの毎日です。 クレイジーな客ばかりのダイナーで、唯一、ホッとする優しい殺し屋だったスキンが死んでしまってショック! 映画【ダイナー】斎藤工はカウボーイ!DDは佐藤江梨子で激しいキス!には、殺し屋2人のキャラクターあります。 映画「ダイナー」は、レンタル作品で有料になっていますが、U-NEXTなら登録するともらえるポイントで、無料で見られます。 ⇩今すぐスマホで無料体験⇩. 映画『ダイナー』ってつまらない?面白い?口コミを教えて欲しい! 年7月5日公開のサスペンス映画『ダイナー』 藤原竜也さん主演、監督は名作を生み出し続ける蜷川実花が手掛ける"衝撃のサスペンスエンターテイメント" 話題作だからこそ映画に対する「評判・評価」といった"口コミ"は.

実を言うと自分は「世界観さえ楽しめればいい!」と思って本作を観たクチで、前情報はサスペンス映画ですってことくらいしか仕入れていなかったのですが、 いざ観てみた時に、その謎解き要素の薄味さにはビックリしました。 うーん. . ネタバレ5 スキンがカナコを買った. ダイナー(映画)について、オオバカナコは誰が演じるのか? 他の登場人物の配役は?について調べさせて頂きました。 豪華キャストによる、映画『ダイナー』が、蜷川実花監督により実写化されます!. オオバカナコ:玉城ティナ ボンベロ:藤原竜也 スキン:窪田正孝/キッド:本郷奏多 無礼図:真矢ミキ/コフィ:奥田瑛二 マリア:土屋アンナ/マテバ:小栗旬 カウボーイ:斎藤工/ディーディー:佐藤江梨子/ブタ男:金子ノブアキ/ブロ:武田真治/川栄李奈/コムアイ/板野友美/木村佳乃/角替和枝/品川徹/真琴つばさ/沙央くらま. 蜷川実花監督が平山夢明の小説「ダイナー」を映画化。 ダイナーの店主ボンベロ役を藤原竜也、物語の鍵を握る少女オオバカナコ役を玉城ティナが演じる。 共演は窪田正孝、斎藤工、小栗旬、土屋アンナ、奥田瑛二な. 海外映画. gl/U4Waal 俳優・藤原竜也が主演し、写真家・蜷川実花氏が監督を務め2人が初タッグを組んだ.

ってことです。 “殺し屋”とし. って感じで、動作を見せたいというより、アクションしてる画を見せたいって思いがすごく伝わってくる。 画は確かにイイよ、でももういいよ。良くも悪くも写真家“蜷川実花”が出ちゃった感が否めません。お腹いっぱいです。 観ている途中で本作のメインが主人公オオバカナコの成長録であることには気づくし、サスペンスやアクションの要素が添え物なのは. 映画『Diner ダイナー』オフィシャルサイト。Blu-ray&DVD 年1月22日(水)発売。主演:藤原竜也×監督:蜷川実花の初タッグが贈る、衝撃のサスペンスエンターテイメント開宴!. 。 懇親会当日。 酒を出せと言われたカナコは、金庫を示します。 ボンベロと交渉した直後、すぐ金庫に戻していたと告げると、ボンベロは苦笑しました。 「そんなところが扱いづらい」と、ボンベロはカナコに言います。 行方不明だったマテバは、朝に遺体が発見されていました。 遺体は水に沈められていたのですが、浮かび上がってきたそうです。 『Diner』にマリア、無礼図、コフィがやってきました。 3人は、誰が次のトップになるか、話し合います。 殊に、なくなった指輪がどこにあるのか、という. ボンベロを育ててくれた元のボス(蜷川幸雄)の後継者を巡って、ダイナーで話し合いをすることが決まった。 ボスのコフィ(奥田瑛二)に「こいつ(大場加奈子)も殺しとけ」と言われたボンベロ! 大場加奈子も自分がスキンのスイッチを入れてしまったので、こんなことになったことを受け入れて、ボンベロに殺される覚悟をしました。 ボンベロは、ドアから逃げるように言いましたが、加奈子は逃げなかった。 ボンベロも鏡を撃って、加奈子を殺さなかった! 2人の間に信頼関係?絆?恋?が生まれた瞬間でした。 でも、数日間に大場加奈子が狙われることは確実なので、どうする?ボンベロと大場加奈子! 映画「ダイナー」は、レンタル作品で有料になっていますが、U-NEXTなら登録するともらえるポイントで、無料で見られます。 ⇩今すぐスマホで無料体験⇩. 。 裏世界では、『Diner』のオーナーのデルモニコが、絶対的な権力を持っていました。 当時、腕の良い殺し屋だったボンベロを引退させ、『Diner』のオーナーにしたのも、デルモニコです。 しかしそのデルモンコは、1年前に交通事故死していました。 事故のはずなのですが、不可解なのは、デルモニコがつけていた指輪が行方知れずということです。 デルモニコの一周忌まで、あと1週.

(C) 映画「Diner ダイナー」製作委員会 ベテランの俳優陣の中に放り込まれた、玉城ティナ。彼女の初々しくも自信が無い佇まいは、本作のオオバカナコと重なり、観客の共感を呼びます。 原作のオオバカナコは30才ですが、映画化にあたり年齢をぐっと下げたことが功を奏しました。 母に捨てられたという記憶から、自分自身のことも受け入れられず、孤独なカナコ。 玉城ティナの大きな瞳が孤独も愛も全て観客に届けてくれました。 ボンベロに料理を教わるカナコは、藤原竜也に演技を教わる玉城ティナに重なって見え、ここでも虚構と真実が曖昧になり、心揺さぶられます。 原作小説『ダイナー』では、「カナコが自分の店を持って、ボンベロの来店を待っている」という描写で幕を閉じます。 ボンベロが生きているかはわからないけれど、希望を持ちながら働くカナコの姿が美しいラストです。 映画版である本作では、ボンベロと菊千代がカナコの店に訪れ、ハッピーエンドを迎えたように見えます。 ですが、その日は「死者の日」。日本のお盆のようなもので、1年に1度だけ亡くなった人が帰ってくると言われている日なんです。 もしかしたら、菊. ダイナー カナコ 映画 スキンは穏やかな優しい殺し屋です! 映画「DINER~ダイナー」の原作は、平山夢明さんの小説で、漫画化もされていて、絵で見るとかなり衝撃的な作品です。 どこまで映画化できるのでしょうか。R指定でしょう?な作品です! R指定では、ありませんし、アクションシーンも生々しくありません! ダイナー カナコ 映画 蜷川実花監督の綺麗な映像で美しいです! 主人公のボンベロ(藤原竜也)は、殺し屋専用の食堂「キャンティーン」のシェフで店長です。. See full list on hm-hm. ダイナーDiner【映画】オオバカナコ役は玉城ティナ!原作通り全裸になる? 年7月5日(金)に公開される映画「ダイナーDiner」。 平山夢明さんの小説「ダイナー」(ポプラ文庫)が原作で、ヤングジャ. 『Diner ダイナー』のタイトルで映画化され、年 7月5日に公開された 。監督は『さくらん』『ヘルタースケルター』に続いて監督3作目となる蜷川実花、主演は藤原竜也 。 ダイナー カナコ 映画 ダイナー カナコ 映画 キャッチコピーは「ようこそ 殺し屋専用の 食堂 ( ダイナー ) へ。.

「誰も私を必要としていない」 若い女性・オオバカナコはいつしか、そう考えるようになっていました。 オオバカナコ(大馬鹿な子)の本名は、「大場加奈子」といいます。 カナコの両親はカナコの幼少期に離縁し、カナコと姉は母に引き取られました。 オオバという苗字は、母方のものです。 母はしかし、姉だけを連れて出ていきました。カナコは祖母のもとへとどまり、そこで成長します。 孤立して育ったカナコは、母に連れていってもらえなかったことから、自分はいらない存在なのだと感じました。 誰のことも信じなくなると、誰もカナコのことを信用しなくなり、どんどん居場所がなくなります。 そんなカナコは、幼いころから料理だけは好きでした。料理を趣味にします。 成人してから、アルバイトをして生活費を稼ぐカナコはある日、魅力的だと思うものと出会いました。 それは. 。アンタそれでも裏社会の大物か?? 例え砂糖の1粒1粒が従っても、自分はこの展開には従いませんね. といったところでしょうか??Twitterでさらっと評価を見てみたらボロっくそに酷評してる方が多かったのですが、自分としては結構楽しめた作品なので意外でした。 やっぱり色んな方の感想を読むと視点が違って面白いですね!ここまで読んでくださった皆さんも他のブロガーさんの記事やレビューサイトを読み回ってみるといいかもしれません。 それでは今回はこの辺で。本記事に対するご意見、ご感想はコメント欄によろしくおねがいします。ではでは!. 期待以上の蜷川ワールドがスクリーンを覆い、目に映るは毒々しい極彩色とグロ一歩手前なのに美味しそうな料理の数々. 小説『ダイナー』のあらすじを紹介!料理にも注目!【映画化原作】 本作の主人公は、殺し屋ばかりが集まる定食屋のウェイトレス・オオバカナコ。 その定食屋の名前は、「キャンティーン」、シェフはボンベロという人物でした。. Diner ダイナー(映画)のフル動画はu-nextで31日間はお試しで視聴できます。 通常有料のポイントで購入する作品ですが、初回限定ポイントが600ポイント付属されますので、そのポイントを消化して無料で見られるというカラクリになります。 藤原竜也と写真家で映画監督の蜷川実花が初タッグを組んだ異色サスペンス映画「Dinerダイナー」から、玉城ティナがゴミ処理場で宙吊りにさ.

ダイナーでの振る舞いは紳士的で、つらい境遇のカナコに同情し、ダイナーから救い出そうとするが、実はボンベロしか知らない大きな秘密を. 映画『Diner ダイナー』は前項でも話した通り、自分という存在の必要性も感じず、夢すらも確立出来ないオオバカナコが新たな考えを見つける“成長録”の色合いが強い作品でした。 ところどころ登場人物の考え方や行動に「?」となるような、共感出来ないところもありましたが、 “食うか食われるか”でなく、“食わせるか食われるか”なダイナーでのピリピリ感や、そんなイレギュラーな空間で自分を取り戻していく展開は面白かったですし、 スキン死亡時にボンベロが言った「叶わない夢の達成を夢見て生きてるヤツもいるんだ!」的な発言を鑑みると、 ラストでカナコの営むダイナーに現れたボンベロは実は死んでいて、カナコの「スキンと同じく叶わぬ夢を見ることもあるけれど、それだけじゃない。料理人になって強く生きているよ」. (C) 映画「Diner ダイナー」製作委員会 豪華俳優陣の名前が連なる本作。 衣裳・メイクも味方につけ、彼らは画面内を所狭しと遊びまわります。 原作でもファンの多い傷だらけの殺し屋・スキンは、中年男性というイメージがありましたが、窪田正孝が演技のトーンを押さえ、カナコの理解者として魅力的な人物に仕立て上げました。 抑圧されていた分、彼の発狂シーンはあらゆる意味で爆発力を持っています。 子どもの体を持ったキッドも、CGの合成ゆえのいびつさが、彼の歪んだ人生と性格を表しており、本郷奏多の怪演とマッチ。 前半に登場する武田真治は、ラテン系のノリで筋肉をこれでもかと見せつけ、笑いの渦に巻き込んでくれます。 また、本作のラスボスである男装の殺し屋・無礼図(ブレイズ)を演じた真矢ミキの麗しさ。真琴つばさ、沙央くらまといった宝塚スターを従え、派手な立ち回りを披露してくれます。 蜷川幸雄と宝塚。日本の演劇界を切り拓いていったそのふたつがぶつかり合うクライマックスは必見です。.

漫画で「ダイナー」を読んでいて、実写映画化されるとは思ってもいなかったのでとても驚きました!ダイナーの絶妙な色彩などとてもキレイでかっこよかったです 最後までカナコを守ったボンベロに感動しました!. デルモニコなきあとは、東のマテバ、西のマリア、北の無礼図(ブレイズ)、南のコフィの4つの組織が台頭しています。 デルモニコの一周忌に、『Diner』で4人の会合が開かれ、組織のトップを決める話し合いがもたれる予定でした。 その時に先の酒『ディーヴァ・ウォッカ』が開けられるのです。 コフィから予約を受けたボンベロは、改めてカナコに酒のありかを聞きました。 しかしカナコは「懇親会のときに渡す」と言い、酒を出そうとしません。 スキンがカナコを気に入り、カナコを身元引受人として「買った」と言います。 ボンベロはそれを告げ、カナコに酒を出せと言いますが、それでもカナコは拒否します。 カナコは、誰のことも信用していませんでした。 懇親会までの6日間、カナコは酒のありかを口にしないつもりです。 4つの組織で最も権力を持つコフィが、ひそかにマテバを探らせました。 マテバは何者かに殺されます。 「相棒が退院してきた」と、ボンベロが上機嫌で言いました。 ボンベロの相棒というのは、大きなブルドッグ犬、菊千代です。 菊千代はイチゴが好きな犬でした。ボンベロにもらって、喜んで食べます。 菊千代はボンベロの言うことを守る番犬で、カナコの見張りをしていました。 いっぽうで、いざというときにはカナコを守ります。 ボンベロは菊千代とカナコに留守を任せ、仕入れに出かけました。 その間に、電話がかかります。 電話はボンベロの声で、キッドが来るから待たせておけ、というものでした。 カナコはそれを聞いて、キッドを店内に案内し、カウンターで待たせます。 しばらくすると、ボンベロからまた電話がかかってきました。 カナコは、キッドを通したことを報告すると、ボンベロがいぶかしみます。 先にかかってきた電話は、実はキッドの「声真似」だったのです。 ボンベロは「キッドはカナコを狙っている。すぐに帰る、時間を稼げ、菊千代から離れるな」とカナコに言いました。 ボンベロの言う通りでした。キッドがカナコを襲います。 ピンチに陥ったカナコですが、キッドの頭に菊千代がかみつきました。 ボンベロが帰ってくると、菊千代を止めて、キッドを追い払います。 落胆するカナコに、ボンベロはバーガーを作ってくれました。 食べたカナコは、そのおいしさに目を見張り、料理を学びたかったことを思い出します。.