Most viewed

映画 フレディ マーキュリー

公開中の映画『ボヘミアン・ラプソディ』が話題だ。伝説のバンド「クイーン(queen)」のボーカリスト、フレディ・マーキュリーの短くも情熱. 映画 フレディ マーキュリー 」と答えました。 ここまで、メアリーさんのことを想っていたフレディ・. バンドの名前を「クイーン」にすると決めたのもマーキュリーだ。彼はまた、エルトン・ジョンのマネージャーだったジョン・リード(エイダン・ギレン)に会って、バンドを売り込むことにした。このミーティングはまさにマーキュリーの独壇場で、彼はやり手のマネージャーであるリードに、自分は社会で「のけ者にされている人たち」のために歌う、そしてそれは自分もそのひとりだからだと熱弁を振るった。 映画の流れはときに表面的かつ不自然で、断片的でもある(監督としてクレジットされているのはブライアン・シンガーだが、実はシンガーは完成の直前に降板しており、作品を最終的にまとめあげたのはデクスター・フレッチャーだ)。 編集の中心軸が定まっていないため、作品そのもの、そしてなによりマレックの演技の素晴らしさが失われてしまった。特にステージでの渾身のパフォーマンスの演技が、細切れに分割されているのは残念だ。 ただ、少なくとも冗長で難解にはなっていないし、その意図するところはわかりやすい。この作品は、マーキュリーをさまざまな逆境にも負けないアーティストとして描いているのだ。.

フレディ・マーキュリーはその後ガーデン・ロッジへ帰り、パートナーのジム・ハットンとメアリー・オースティンが彼の世話をしました。 メアリー・オースティンはフレディ・マーキュリーの元恋人で、1970年に初めて出会い、7年間一緒に同棲しました。 もう同居はいませんでしたが、生活は共にしていたそうです。 インタビューで彼はいつでも、彼女のことを真の友人と表現していました。 ジャーナリストのデヴィッド・ウィッグとのインタビューで遺言の話題になった時、 「全てをメアリーと猫たちに遺す」 と語っていました。 クイーンの繊細な名曲『ラヴ・オブ・マイ・ライフ』は、メアリー・オースティンに捧げた曲でした。 メアリー・オースティンは、ソウルメイトの命の火が徐々に小さくなっていくのを見ていました。 「彼は自分のタイムリミットを決めていた。 レコーディングが続けられなくなった時や、続ける気力のなくなった時、終わりが来ると思ったわ」 と彼女はドキュメンタリー『The Great Pretender』で語っています。 「彼の人生も彼の喜びも、その通りだったから。 そうでなければ彼は、自分のすべきことに向き合えるだけの力が出なかったはずだと思う」 避けられない死を前にしてフレディ・マーキュリーは、準備を始めていたようです。 「日曜のランチの後に突然、 “僕を葬って欲しい場所は決めている。でも誰にも知らせないで欲しい。掘り返されるのは嫌だ。ただ安らかに眠りたいんだ” って言われたの」 1991年11月24日、フレディ・マーキュリーはAIDSが原因の気管支肺炎によりこの世を去りました。 彼の亡骸は、ロンドン西部にあるケンサル・グリーン墓地で火葬されました。 遺灰は壺に入れられメアリー・オースティンの寝室に2年間置かれていましたが、その後彼女は密かに彼の希望した場所へと移したとされています。 「普段通りでないことをしようとしていると他人に悟られたくなかった。 だから“美顔エステに行ってくる”と言って出かけたの。 説得力のある理由が必要だった。 タイミングを計るのが難しかったわ」 と彼女は、年にデイリー・メール紙に語っています。 「壺を持ってこっそりと家を抜け出した。 スタッフに悟られないように、いつも通りに振る舞う必要があったの。 スタッフはゴシップ好きで、喋らずにはいられないし。 彼の遺. クイーンとフレディを知るために欠かせない、珠玉のライブ&ドキュンメンタリーだ。 解説20世紀で最も偉大なパフォーマーとして知られるフレディー・マーキュリーはアートと音楽の垣根を超え、自身のバンドクイーンを国際的なスターダムへと導いた. フレディ・マーキュリーの【最愛の猫】の名前と、その曲は何? 映画「ボヘミアンラプソディー」で、可愛いにゃんこたちがたくさん出てきました! フレディ・マーキュリーは、猫が好きやったんかいな? と. 作品を鑑賞中に、奇矯な感覚に陥ったことがある。マレックを見ていて、フレディ・マーキュリーではなくほかの誰かを思い出しそうになったからだ。しばらく考えてから、それがジョン・ハートであることに気づいた。デヴィッド・リンチの『エレファント・マン』で、主人公のジョン・メリックを演じたときのハートだ。 余分な前歯とそのためにばかにされるのではないかという恐れから、ほとんど恥じ入るようにセリフを言うマレックは、人気バンドのスターというよりは、サーカスの見世物にされた奇形の男を思い起こさせた。 それでも、『ボヘミアン・ラプソディ』はその痛みゆえに、成功がもたらすものについての物語だ。映画はロックミュージックの世界を、マーキュリーのようなよそ者でも受け入れられることが可能な唯一の場所として描き出す。 そして、ここで言う「成功」とは、ウォーホール的な文脈でのそれだ。つまり、商業的な成功、社会のメインストリームに受け入れられるという意味での栄光を意味する。 クイーンの音楽を、感情表現が単純で、耳にこびりついて離れないメロディーと通俗的な歌詞でつくられた作品だと批評するのは構わない。ただ、大衆の心をつかんでミリオンセラーになったが、芸術的には空虚で無価値だと決めつけるなら、ポイントがずれている。マーキュリーが目指していたのはクイーンの商業的成功だったし、彼は「それ」を手に入れたのだから。 リチャード・ブロディ|RICHARD BRODY 映画批評家。1999年から『ニューヨーカー』に映画のレヴューなどを寄稿。特にフランソワ・トリュフォー、ジャン=リュック・ゴダール、ウェス・アンダーソンに詳しい。著書に『Everything Is Cinema: The Working Life of Jean-Luc Godard』など。.

Music」のインタビューにて答えています。 ブライアン・メイはインタビューで、以前メアリーと交際していたことを打ち明けました。 いや~、これは驚きました! てっきりメアリーさんはフレディに、一筋だったのかと思ってたので、実は・・だったんですね( ̄ェ ̄;) 「ラブ・オブ・マイ・ライフ」は、クラシックのようなピアノが主体で、フレディさんいわく、「ショパンやベートーヴェンの影響がある」と言ってたそうです。 そんな素敵な曲に、ハープで参加していたブライアンさんはもしかしたらメアリーさんのことを考えながら音色を奏でてたかもしれないですね。 いや~でも、メアリーオースティンさんってなんでそんなに大物ミュージシャンからモテてたんでしょうか~。 それだけ、彼女には魅力があったということなんですね(^^). 【動画あり】フレディ・マーキュリーが日本語を歌い上げる曲があるって知ってた? 映画『ボヘミアン・ラプソディ』では語られないクイーン; 伝説的シンガー『クイーン』フレディ・マーキュリーの奨学金制度が誕生! 最高で425万円が支給されることに. See full list on wired. · 特に、エイズのため45歳で亡くなったリード・ボーカル、フレディ・マーキュリーの華麗で劇的な人生には注目が集まっており、映画のヒットを機にこれまであまり知られなかったエピソードが伝えられている。. 英国社会だけでなく、音楽業界そのものも彼に冷たくあたった。 例えば、マーキュリーがEMIの重役(マイク・マイヤーズ)に「オペラのような力をもった音楽をつくりたい」と伝えるシーン。マーキュリーは、それは「シェイクスピアの機智、ミュージカルシアターのとめどない喜び」「誰もに何かを与えることのできる」音楽で、「これまでとはまったく違う音楽をつくり出すことができる」と力説する。しかし、レーベル側は「ボヘミアン・ラプソディ」をシングルカットすることに難色を示した。 この曲は最終的には大ヒットしたが、映画でも描写されているように、発売当初のレヴューは好意的なものばかりではなかった。侮辱を受けた過去、ファンへの理解、彼らのフラストレーションや葛藤、夢、愛を求める心に寄り添えること、そして自分たちのやりたい音楽に対する確かなヴィジョン──。マーキュリーを有名にし、富と名声、アーティストとしての栄光をもたらしたのはこうした複雑な彼の内面だが、批評家たちはそれを理解できず、クイーンの音楽を酷評したのだ。 ついでに書いておけば、マーキュリーがありのままの自分をさらけ出せるのはステージの上で歌っているときだけだった。観客は誰もがそれぞれの問題を抱えており、マーキュリーは彼らとなら抑圧と屈辱を分かち合うことができた。彼がパフォーマンスに見出した喜びは、ファンたちとつながることによる喜びだったのだ。そしてステージ以外の場所では、その喜びを味わうことはできない。. フレディ・マーキュリーの死から29年。16枚の写真で伝説のライブや日本でのお茶目な姿を振り返る 11月24日は命日。. フレディマーキュリーが、メアリーのことを想って作った曲で有名なのが「Love of My Life」です。 この曲は、1975年にリリースされた、クイーンのアルバム「A Night at the Opera」に収録されている美しいバラードです。 フレディマーキュリーはこの歌を唄う時だけは、必ず単独でピアノを弾きながら唄っていたそうです。 それだけ彼女のことを想って、大事にしていた曲だったんです。 世界的に有名なミュージシャンが、自分のために歌ってくれた曲をリリースしてくれるなんて嬉しいでしょうね。 「ラブ・オブ・マイ・ライフ」は1975年のアルバム「A Night At The Opera オペラ座の夜」に収録されてて、CDとライブ用の、2パターンがあります。 CD版は、ギタリストのブライアン・メイが奏でるハープが添えられています。 実は、メアリーさんにとってフレディマーキュリーが初めての彼氏ではなく、ブライアン・メイだったんです。 このことは、年9月6日に、ルーシー・ボイントンさんがメアリー・オースティン役で加わったことを発表した翌日に、ブライアンさんが「Yahoo!

口パクみたいだけど地声??フレディマーキュリー ラーメンまるきよ 一宮市 クィーン メアリーオースティンはその後、1991年に、塗装工のピアース・キャメロン(Piers Cameron)さんと結婚して2人の男の子を授かります。 1人目の子供の名前はフレディがリチャード(Richard)と名付けています。 2人目の子供は、フレディマーキュリーが亡くなった後に産まれました。 本当に2人は、家族同然のように固い絆で結ばれていたんですね。 元カノが男性と結婚して産まれた赤ちゃんに、名づけの親になるなんて、なかなか無いことだと思います。 ですが、2人は別れてしまいました。 その後、メアリーさんは、実業家のニコラス・ホルフォード(Nicholas Holford)さんと2002年に、再婚しましたが、4年間の結婚生活を経て離婚しています。. 年12月に、東京・有楽町マリオンにオープンしたプラネタリウム「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」。 ブライアン・メイが監修した全天周映像作品「QUEEN -HEAVEN-」(80分)の上映がスタートしています。 【追記】 新型コロナウイルスの感染拡大防止により、4月18日に、全国で非常事態宣言が発令されました。 このため、4月18日以降も、臨時休館を継続するとのことです。 3月26日(木)以降の営業再開や、事前に購入したチケットの払い戻しについては、公式サイトをご確認ください。. クイーンやフレディ・マーキュリーのキャリアを描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』は、公開当初こそ批評家から否定的なレヴューが寄せられていたものの、全世界での興行収入は現時点で9億ドル(約1000億円)を突破しているほか、今年のアカデミー. 洋服屋さんで働くようになったメアリーオースティンは、しばらくして19歳の時に、24歳だったフレディマーキュリーと知り合っています。 フレディ・マーキュリーはいつものように、お店の「おしゃれな女性店員たち」を口説きに来たそうです。 (意外と軟派だったんですね~。) イギリスに移住して5年が経ったところだった、フレディマーキュリー。 メアリーは、その時のフレディの印象を「野性的な雰囲気のアーティスト風情のミュージシャンでした。」と、年の『デイリー・メイル(Daily Mail)』紙で語っています。 メアリーは、フレディについて「彼のような人に今まで出会ったことがなかったわ。 私はいつも自分に自信が持てなかったの。 でもフレディは、いつもとても自身に満ちあふれていたわ。 私はそんな彼に惹かれたのよ。 彼と一緒に成長することが出来て嬉しかったわ。」と振り返っています。 出会って、ほどなくしてから、2人はロンドンのケンジントン・マーケットに近いアパートの一室を借りて一緒に生活することになりました。 クイーンのバンド活動が成功し始めてからは、2人は、ロンドンのホーランドロード(London’s Holland Road)にある大きなアパ―トの一室に移り住んでいます。 1973年に、クイーンの名前をタイトルにした、デビューアルバム『戦慄の王女』(邦題)が発売されると、フレディマーキュリーはその年のクリスマスに、メアリーに大きな箱のクリスマスプレゼントを渡しています。 この時メアリーさんは23歳でした。 大きな箱を開けると、中に箱が入っています。 その箱を開けると、又小さな箱が入っていたそうです。 何度も、繰り返し箱が出てきて、だんだんメアリーさんはゲームのように、箱を開けるのが楽しくなっていました。 映画 フレディ マーキュリー 何度か開けていくうちに、最後の箱を開けると、綺麗な翡翠の指輪が入っていたそうです。 メアリーさんはとても喜んで、「フレディ、どっちにつけたらいい?」と聞いたのですが、この時はどういう意味か分からなかったそうです。 フレディさんが「左手に付けてほしい。」と言って、左手につけた時に「結婚してほしい。」とプロポーズの言葉を言ったんです。 メアリーさんはそんなことは全く、予想もしてなかったのですが、「Yes! 英国に移ったマーキュリーだが、有名になる前は「パキ」[編注:パキスタン人に対する蔑称]と罵られることも多かった(映画では「パキスタン出身ではない」と言い返す場面もある)。また、彼の生きた時代のイングランドは成人男性間の性行為がようやく合法化されたばかりで、同性愛は恥ずべき行為とみなされていたのだ。 マーキュリーの家は貧しく、英国での暮らしは苦しかったが、彼は貧困は差別のせいだと考えた。彼が両親に、「ファルークからフレディに改名して、音楽で生きていく」と宣言するシーンを思い出してほしい。 父親は息子に「正しい考え、正しい言葉、正しい行動」を追求すべきだと説教するが、息子はこれに対し、若者らしく「そんな生き方は退屈だ」と反論するのではなく、「じゃあ、父さんはそれで成功したの?」と問い返す。マーキュリーには「信仰に忠実に正しく生きても、社会的差別のなかではそんなことは意味をもたない」という確信があった。 そして、バンドのメンバーに選ばれた彼は、成功への設計図を明確に描き出していた。まず、アルバムの制作費を捻出するために、クルマを売ることを提案する。デビューアルバムとなる『Queen(邦題:戦慄の王女)』の録音の際には細かく指示を出し、コーラスの重ね録りといった独特なやり方を編み出している。 VIDEO COURTESY OF TWENTIETH CENTURY FOX FILM. 世界的ロックバンド・ クイーン のリードボーカル、 フレディ・マーキュリー の軌跡を描く伝記映画『 ボヘミアン・ラプソディ 』(11月9日全国公開)から、フレディを演じた ラミ・マレック が役づくりの裏側を明かすメイキング映像が公開された。.

1991年にエイズでこの世を去ったロックバンド「クイーン」のボーカルのフレディ・マーキュリーの人気は未だ衰えることがありません。その彼の伝記映画が企画されています。『007 スカイフォール』で若い天才科学者Qを演じたベン・ウィショーがフレディを演じます。. 大ヒットとなった映画『ボヘミアン・ラプソディ』で、クイーンのフレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレック。主演の座を勝ち取るまでの. メアリーオースティンは、ウェストロンドン(West London)南西部地区のバタシ―(Battersea)の、貧しい労働者階級の家で育ちました。 両親が2人とも耳が不自由(deaf)で、父親は壁紙を扱う職人・ウォールペーパートリマー(Wall Paper Trimmer)として生計を立てていました。 お母さんは小さな会社の家事使用人の仕事・家政婦(Domestic Servant)をしていましたが、生活は苦しかったそうです。 そのため、メアリーは15歳の時に、学校を中退して受付の仕事(Receptionist)で、働きはじめます。 その後、ボヘミアンラプソディの映画にあった、オシャレな洋服屋さん「Biba」の店員として働くようになります。. Blu-ray&DVDまでは、いいかな・・?という方は、動画配信が、年4月17日より配信されています! 動画配信サービスのおすすめ記事はこちらです↓↓ お試し実質無料で視聴できる方法を紹介しています(=^▽^=)ノ. 映画『ボヘミアン・ラプソディ』でクイーンのフレディ・マーキュリーを見事に演じたラミ・マレック。撮影ではフレディに成りきるため、義歯. 映画『ボヘミアン・ラプソディ』脚本家ピーター・モーガンの脚本コンサルタントとして活躍する伝記作家が描く、フレディ・マーキュリーの「真実」。 フレディ・マーキュリーはロック史上に残る最大のボーカリストであったと同時に、もっとも謎の多い. 13 12:00 映画 フレディ マーキュリー クイーン伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』、監督が語る完成に至る苦悩と情熱.

フレディマーキュリーがプロポーズしたことで、このままゴールイン!となるのかと思ったメアリーさん。 ですが、その後結婚につながることはなく、そのまま立ち消えになっていきます。 プロポーズされた次の年、メアリーはロンドンの小さな店で、素敵なウェディングドレスを見つけます。 ええっ、あんなにロマンチックなプロポーズをしてくれたのに・・・って女性の側からしたら、とても残念な気持ちですよね~。 フレディマーキュリーが、男性に目覚めてしまったことや、クイーンが大スターとなってブレイクしだした頃から、何となくフレディに違和感を感じていたメアリーオースティン。 お金持ちになって、周りの人や環境が変わっていったことで、色んな誘惑も増えているのを知っていたメアリーは最初は、他の女性との関係を疑っていたそうです。 ですが、実際のフレディは、性の対象が女性ではなく男性だったということで、男性と関係を持つようになったんです。. 今回は、メアリーオースティンさんのプロフィールや、これまでの経歴、フレディマーキュリ―との関係についてまとめてみました。 メアリー・オースティンは今でも、フレディが残した彼の家の近くに住んでいるそうです。 そして、その家は今でも世界中のファンが巡礼地として訪れてるそうです。 個人的には、フレディとメアリーが楽しく過ごしていた場所に、一度行ってみたいです! 最後までお読みいただきありがとうございました。 ここからは、メアリーさんだけでなく、クイーンに関する情報を随時更新で、新着順に載せていますので、ぜひ続きをみていただけたらと思います(‘-‘*)♪. See full list on laddssi. フレディ・マーキュリー キング・オブ・クイーンの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。. 映画化で、伝説の歌手フレディ・マーキュリーが注目されている。来日時のボディーガードは、ほかにもマイケル・ジャクソン、マドンナなどの.

. 年10月21日には、ドキュメンタリー映画「フレディ・マーキュリー~人生と歌を愛した男」が公開された。 この映画はDVDとして発売されている。 年10月24日より、フレディを中心としたクイーンの伝記映画『 ボヘミアン・ラプソディ 』が、世界各国で. See full list 映画 フレディ マーキュリー 映画 フレディ マーキュリー on dondongood.

東アフリカのザンジバルで生まれたフレディ・マーキュリー(本名:ファルーク・バルサラ)。 持って生まれた彼の才能は、そのみなぎる活力や華麗さに決して引けを取りませんでした。 それらは全てクイーンの楽曲制作に注がれ、素晴らしいライブ・パフォーマンスで観ることができます。 生前、フレディ・マーキュリーの持つ4オクターブの声域は、科学者たちもその複雑さや素晴らしさの秘密を明かそうと研究したほどで、通常のロックシンガーが出せる限界を超えていました。 フレディ・マーキュリーの死後は、その声はAIDSに苦しむ多くの人々の支えとなりました。 フレディ・マーキュリーは1987年春にAIDSと診断され、その後徐々に周囲の人たちへ自分の病状について明かし始めました。 「彼は打ち合わせのために自宅へ僕らを集め、真実を明かした。 とにかく僕らは、その事実を受け入れ始めなければならなかった。」 とクイーンのドラム、ロジャー・テイラーは、ドキュメンタリー『Freddie Mercury: The Untold Story』の中で語っています。 弱ってやせ細っていくフレディ・マーキュリーの姿に、不滅に見えたバンドの主人公が重病にかかっているのではないかというメディアの推測が騒ぎ立てました。 しかしバンドは全員一致して、いかなる問題もないと強く否定しました。 「僕らは全てを秘密にした。 嘘をついていたんだ。 とにかく彼を守りたかった」 とギターのブライアン・メイは、ドキュメンタリー『輝ける日々』の中で語っていました。. マーキュリーはパーティーに明け暮れた日々を、「暗闇がやってくる」前の「空白の時間」から気を紛らわせるためだったと説明している。ドラッグをやったのは、「人間でいるためにはちょっとばかり無感覚になることが必要」だからだという。 バンドの成功によって人気者にはなったが、そこには負の側面もあった。マスコミやパパラッチから追いかけられる。批評家は手厳しい言葉を投げ付けてくる。恋人に裏切られたこともあった。そして、最後にやってきたのがエイズだ。マーキュリーは自らの死を予期した。 『ボヘミアン・ラプソディ』の素晴らしさは、主役のマレックの演技によるところが大きい。マレックはマーキュリーを表面的に模倣したのではなく、その内面に独自の解釈を加えてみせた。 舞台でのパフォーマンスの演技も印象的だが、マレックはマーキュリーの痛みや疎外感を感じることができたのだ。そして何より、成功の絶頂期にあってすら絶望的なまでに孤独だったスーパースターと心でつながっていた。. フレディ・マーキュリーについて ボヘミアンラプソディのフレディの声と、I was born to love youのフレディの声違くないですか? 外国映画 「ボヘミアン・ラプソディー」のフレディ・マーキュリーのような燃え尽ける人生。.

フレディが亡くなってから、遺言により、メアリーは莫大な遺産のほとんどを受けていたそうです。 また、フレディマーキュリーといえば、愛猫家でも有名です。 家でもたくさんの猫を飼っていました。 フレディにとっては、猫もかけがえのない家族の一員です。 自分が亡くなった後も猫たちがちゃんと世話してもらえるように、メアリーに手配をしておいたそうです。 「何かがもし違わなかったなら、君が僕の妻になっていたから。」と遺言にあったそうです。 それと遺産だけでなく、亡くなった後の遺骨も誰にも見つからないようにしておいてほしいと頼んでいました。 それは、以前に彼のような有名人がファンによって遺骨(骨壺)を盗まれる事件があって、それを恐れたからだそうです。 フレディマーキュリーは死後、火葬に付されています。 メアリーは、彼への最後の忠誠の証として、秘密裏に遺灰を散灰していたとか。 散灰した場所は誰にも明かされることはなく、フレディの御両親でさえも、どこで行われたのか知らないそうです。 「遺骨をまいた場所は決して誰にも言いません。それが彼の望みでしたから」とメアリーははっきりと断言しているんです。 そしてメアリーオースティンは遺産だけでなく、フレディの住んでいた家も相続しています。 その事で、フレディの最後の恋人だったジムハットンさんは家を追い出されてしまいます。 追い出されたジムさんは、その後メアリーさんについての暴露本を出版しており、あまり良くないことを書いているようです。 ジム・ハットンも大きな額の遺産をフレディ・マーキュリーからもらったようですが、メアリーと比べるとそれほどでなかったことで、不仲になったようです。 ただ、メアリーも莫大な遺産や資産を受け継いだことで、色々と大変な思いをしてきたそうです。 推定万ポンド(現在のレートで約28億5000万円)と言われる、フレディ・マーキュリーのロンドンの住居「ガーデン・ロッジ」もメアリーオースティンが相続したんです。 映画 フレディ マーキュリー そのことで、クイーンのメンバーがメアリーに対して反感を抱いてしまい、お互いの関係が悪化した、と言われています。 大スターとなってしまうと、その後の遺産争いはどうしても起こってしまうんでしょうね~。 ちなみに、具体的な相続の金額はコチラです。. . 映画ボヘミアンラプソディーでフレディマーキュリーは、なぜジムハットンがゲイだとわかったのですか? 映画と事実は違いますが、ジムと出会ったのがゲイバーだったからだと思います。. 映画『ボヘミアン・ラプソディ』クイーンのフレディ・マーキュリー、その波乱万丈な人生描く - ファッションプレス. フレディ・マーキュリー~孤独な道化~ (日本語) 単行本 – /12/20 定価¥3,080 映画『ボヘミアン・ラプソディ』脚本家ピーター・モーガンの脚本コンサルタントとして活躍する伝記作家が描く、フレディ・マーキュリーの「真実」。.